チビママの育児記録

育児のセキララ記録

ねんねトレーニングの効果 夜泣き編

ネントレを始めたい方の参考になれば、と思い、我が家のネントレ効果をメモしておきます。

 

 

ジーナ式を採用している我が家では、夜泣きというものはほとんどありませんでした。(8ヶ月現在)

なかったわけではないですし、今も夜泣きするときもありますが、一般的に言われる「抱っこ以外何をしてもだめ」という状態には全くなっていません。

 

もちろん泣くのですが、そばにいたりトントンしてあげたり、お歌を歌ってあげると安心するのかすぐに寝付いてしまいます。

 

そして大概夜泣きをするのは深い眠りに落ちる前の夜22時まで。

おかげさまで深夜に対応を強いられることはありません。

 

夜泣きの原因は、浅い眠りのときに昼間の怖い出来事を思い出したりすること、と何かで読みました。実際に様子を見ていると、夜泣きのときは何か要求があるときと泣き方が全然違うのですぐに夜泣きだとわかります。

怖いものでもみたのか?というくらい泣き叫びます。ところが、全然目が開いてないのです。寝ながら泣いているように見えます。

 

私は、こういう状態のときは「寝ているのだ」と思っているので、抱っこはせず、指南書通りトントンなどで対応します。よく抱き上げる人がいますが、それだと起こしちゃうことになりそうだなーと・・・。

 

やはり、一人で寝られるので、安心すればOKなのだと理解。

これもネントレ効果だと確信しています!

 

 

※)ちなみに、最近は深夜に起きて寝返りとおしゃべりをする(リサイタルとよんでます)が毎晩開かれており、寝不足です...。