おちびワーママの毎日

東京で生活している、1歳児のワーキングマザーの日常

家族運営は壮大なプロジェクトマネジメント

育児のhowtoではないですが、ふと思ったのでメモ。

 

子育てしながらの生活というのは、仕事におきかえると壮大なプロジェクトのオーナーを任されたこととイメージが近いなんて、職場復帰してから思ってしまった。

 

プロジェクトの基本メンバーは、父・母の二人。

どちらかがリーダーだ。

 

ちなみに我が家は今のところ私。

 

私が家族の未来の理想をイメージし、必要な経費を計算した上で、実現のための資金計画を立てる。そしてとのとおりに運営できているかどうか、日々の状況をモニタリングしていく。

 

どうしてこんなことを思ったかというと、ふと旦那の家事育児への貢献度を考えたときに、もしこれが仕事のプロジェクトだったとしたらすごい使えないメンバーになるなと。笑

 

いや、うちのだんなも結構色々頑張ってくれるタイプではあり、

文句や不満があるわけではないのですが・・・、プロジェクトオーナーという観点で見ると、ちょっと気になることがいっぱい出てくるわけです。

 

例えば、

・ 理想像や資金計画、日々のスケジュールを把握していないも (全体感を把握していない

・ 今日やるといってやらない(納期を守らない

・ 完成度が低い(掃除機はかけてくれるが部屋の隅っこはかけきれてない

・ 無駄なお金を使う (何故か高い家電を好む

・ 基本”手伝う”姿勢 (主体性なし

・ その割に自分はしっかりやっていると思っている (なにこれw

 

 

などなど。

 

仕事に置き換えたら、使えない新卒みたいな感じです。笑

これからどう育成していくか、プロジェクトオーナーはそこも考えながら日々過ごさなければならないようです。

 

頑張ります。新卒君がいつか立派なリーダーくらいになれるように・・・。